So-net無料ブログ作成
検索選択

窓の結露対策 [家電]

冬になると、窓に水滴が着き窓の下は水が溜まって大変なことになります。カーテンは隙間風を防ぐため、床まで下ろしているので、水たまりをそのままにしておくと、カーテンが水を吸って、カビてしまいます。

窓に断熱用シートを貼ってみましたが、殆ど効果が無く、断熱用シートの表面に水滴が着いてしまいます。ちなみに、温度を計ったところ、断熱用シートの表面と窓ガラスとの温度差は、2度でした。

仕方がないので、毎朝、水たまりを雑巾で拭きとっていました。今年は特に水が多いので、もしかしたらと調べたところ、ガスストーブにしたことが原因でした。都市ガスは燃えると水蒸気になるとのことです。

どおりで、毎年、部屋の湿度が50%を下回っていたのが、今年は、60%程度から下がりませんでした。

エアコンで除湿しても、止めると、すぐに元の湿度に戻ってしまいます。

対策

レンジの上の換気扇は、通常は調理する時にしか回しませんが、一酸化炭素中毒対策で、時々、回していました。そこで、水蒸気も出せるかもと、1日中、換気扇を回したままにしてみました。その結果、状況は一変しました。

翌日の朝、窓を見ると、水滴が殆ど着いていません。通常、戸を開けたままの隣の部屋も、翌日には水滴が殆ど着かなくなりました。何もしなくても、部屋の空気は流れているようで、隣の部屋の湿気も換気扇が吸い出しているようです。

結果、湿度は40%台まで下がりました。サーキュレーターを回せば、更に効果的だと思います。

換気扇の電気代は気になりますが、結露に悩まされている方は、単に換気扇を回しておくだけなので、試されてみるのも良いかと思います。


タグ:水滴 結露
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。