So-net無料ブログ作成
検索選択

無くならない、携帯の2年縛りと解約金 [PDA]

こんな記事がありました。

「総務省で開催された有識者会合で案内されたもの」とのことです。

そこでは、SIMロック解除など国の方針を携帯キャリアと調整してきたはずです。そして「2年縛り」についても話し合われていたはずですが、この結果を見ると「2年縛り」という契約形態の存続を国として承諾したということなのでしょう。

これで、大手キャリアの「2年縛り」と「解約金」が無くなるかもという希望は潰えました。

元々、総務省がSIMロック解除を推し進めたのも、国民のためではなく、外国人や、海外に出て行くビジネスマンのためにように思えます。

大手キャリアの縛りは無くなりませんが、格安スマホやMVNOには、縛りが無いところも多いので、そういうところと契約すべきなのでしょう。

しかし、格安スマホやMVNOは、端末価格、通話料金、通信速度、通信容量、拘束期間、解約金など、各社各様で素人には非常に分かり難くなってしまいました。書店にMVNOの比較雑誌が並ぶ頃には、情報が古く使えない場合も多々あります。

国は、こういう分かり難いことを素人でも分かるようにスッキリさせるべきなのですが、分からなければ素直に大手キャリアを使えとでも言っているようにしか見えません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました